Q: 運動が苦手なのでできればしたくないです。

A: 健康維持の為に軽い運動はお勧めする事がありますが、
ダイエットに運動は必要ありません。
むしろ体重・体脂肪が落ちてからのほうが、自ら動きたく
なって、動いたほうが、身体の負担もないだけでなく
ストレスがなくリフレッシュできますね♬

Q: 外食が多く家で料理をあまりしない、不摂生な生活ですが、
健康に痩せることが出来ますか?
A: 外食は、カロリーが多くなるので、頻繁に外食されると
痩せるペースは遅いペースになるかも知れませんが、
年中、出張で飛び回っておられる方でも、しっかりと
減量されています。
外食や、食べる事を楽しめる人になれるよう、
ダイエット・健康・美容の知識をしっかり身に付けましょう!

Q: 甘いものが大好きで、やめられません。
A: 時々のご褒美は、心に栄養素ですね♬
食べてしまったときは、次はどうするのか、
私、河村と一緒に二人三脚で
目標達成出来るように、進んでいきましょう!
甘いものも、おいしく食べて、自然と減らせるように
ダイエットする事が理想です。

Q: 期間はどれくらいかかりますか?
10kg痩せたいです。
A: 基本的に、2kgだけ痩せたい場合でも、
人間の身体のサイクルがありますので、
3カ月間で、生活習慣・食習慣を
身体にしつけて行きます。
1か月に2~3kg目標にされるのがベストです。
3か月で7kg減量が、身体に優しく、リバウンドしづらいスピードです。
その方の生活習慣や、体質などがありますので
保証できるものではありませんが、
1ヶ月2kgのペースがベストと言えます。

Q: 産後で授乳中です。育児疲れもあり不安です。
A: 授乳中だからこそ、お母さんの健康な身体と精神状態が
良くなる事がとても大切ですね♬
お子様のためにも、お母さんの、身体と心が
良い状態であることが、最良ですね( ◠‿◠ )

Q: 産婦人科で、赤ちゃんを授かりたいなら
まずは痩せてくださいと、言われました。
A: このダイエットは、食改善・生活改善・健康な身体作りを
目標にしたダイエット法です。
適正体重・適正体脂肪率にされる事は、
豊かな人生を得るためにも必要なことです。
不安な場合、医師にダイエットする旨をお伝え下さいね。

 

 

Q: ダイエットのためのお料理や、難しいカロリー計算は
したくないです。
A: ダイエットのために、特別なお料理をするわけでも、
糖尿病の方が、されているような、難しいカロリー計算を
したりしません。
私河村が、このダイエットが成功できた理由のひとつが、
お料理に手間をかけない事です。
痩せる為だけでなく、エネルギッシュな身体作りのために、
身体に正しい情報を伝えます。
一時的に痩せるためのダイエット法は卒業しましょう!

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Log in with your credentials

Forgot your details?